不倫が旦那にバレた時に許してもらう為にやるべきこと

不倫をしている事が旦那にバレてしまった。けれども、家庭を壊すというようなことは全く考えていない状態で、旦那に不倫がバレても許してもらいたいという気持ちの時に、どのようにすれば旦那に不倫がバレた時に許してもらえるのでしょうか?

カウンセリングサービスにて、愛し愛されるパートナシップに関するカウンセリングを得意としているカウンセラーの真鍋純子さんに今回はお話をお伺いしました。

不倫が旦那にバレた時に許してもらうには

一般的には、女性が男性の浮気を許すよりも、男性が女性の浮気を許すという事が難しいといわれています。

男性は明確な理由を知りたがるので、夫婦関係に何が足りなかったのか?その結果不倫に走ったのかという事をきちんと話して、そこを改善したら、関係が修復してうまくやっていけると思わせることです。

その為、不倫が旦那にバレた時に、許してもらえる可能性が一番高い基本的な行動としては、すべてを話すという事です。

なぜ自分が不倫をしてしまったのか?という事をきちんと話すことで、その不倫をしてしまった理由が、今後改善の見込みがあるということが分かれば、旦那は許すという可能性がでてきます。

けれども、なぜ不倫をしたのか?そこに改善の可能性があるという事がみえないと、どうすればいいのかわからないので離婚となってしまうことがあります。

不倫が旦那にバレた時に許してくれにくいタイプの男性

基本的には、全部話すということがよいのですが、男性の方が、自分の感情の変化に気持ちがついていけなくて、話してもなかなか許してくれないタイプの男性も多いのです。

例えば平然としたような顔をしていても、不倫がバレる前と不倫がバレた後では明らかに冷たく、どうやっても冷たいままの男性というのは、妻が不倫がバレた時に妻の不倫を許してくれにくいタイプの男性といえるでしょう。

また例えば、不倫をされた自分は可哀想というように自分で、不倫をされた自分の事を被害者だと思ってしまっているタイプの男性も妻の不倫を知った時に許すという事が難しいタイプといえます。

『君の事はもう信じられない』とすごく被害者意識が強くなっている男性は、全ての事を話しても、なかなか本人の気持ちがそこまでついていかなかったり、逆に話す事でもっと怒りになってしまって、とりつくしまもなくなってしまうというケースもあります。

このような事があるので、不倫が夫にバレた時にどのような対応をすれば許してもらえるのか?という事は男性のタイプにもよるところもあります。

その為、全てを話すのではなく、少しずつ相手の様子をみて、相手がうけいれられるかどうか?相手の様子を気遣ってあげて話していくと言うことが大切です。

また女性よりも男性の方がパートナーの浮気に対して許すことが難しいということを理解した上で、本当に許してもらおうとおもったらじっくりと時間をかけるという事が大切です。