斉藤由貴さんのW不倫報道からみる不倫分析

斉藤由貴さんが、医師とW不倫をしているという報道が、2017年8月3日発売の週刊文週で報じられました。

斉藤由貴さんは、記者会見を開き、不倫では全くなく映画を見た後に手をつないだという釈明をしていました。

斉藤由貴さんは、以前にも2回不倫報道をされています。そして過去の不倫報道の時の発言が、不倫を繰り返しやすい人特徴を持っていました。

過去の会見の様子もこのように報道されていました

今回、実際に不倫をしていたのか?ということではなく、斉藤由貴さんの特徴からみる不倫を繰り返す人の特徴についてご紹介します。

斉藤由貴さんのW不倫報道からみる不倫を繰り返す人の特徴

過去の不倫報道の中で、2度目の川崎麻世さんとの不倫報道に関する記者会見の時に、『私はなんて学ばない人間なんだろう』と言うような発言です。

不倫を繰り返してしまうという人の特徴の中には、自己肯定感が低いという特徴があります。その為、不倫を繰り返してしまうという人は、『私は駄目人間なんだ』と思っている事が多いのです。

斉藤さんはその後、一般男性とご結婚をされましたが、独身女性で不倫を繰り返してしまう人の中には、『私なんて人間は幸せになってはいけないんだ』とか、『私みたいな人間は2番めくらいがちょうどよい』と思っていて、不倫を繰り返しなかなか結婚しないというケースもあります。

厳しすぎる環境が不倫を繰り返す人間を作る

また、斉藤由貴さんは戒律が厳しいモルモン教の信者でもあることで有名ですが、斉藤由貴さんは宗教が理由で厳しい環境となっていますが、中には両親が厳しいというケースもあります。

そして、このような厳しい環境で育っている人の中には、不倫を繰り返してしまうという人がいます。これは不倫をする女性は長女が多いといわれていることともにているのですが、『いい子でいないと自分は愛されない。ありのままの自分では愛されない』と思ってしまって、私みたいな駄目な人間という価値観が出来上がってしまうパターンや、いい子でいる自分が苦しいので、不倫という世間的に悪いと言われていることをやって、表のいい子でいる自分を保つために裏で悪い事をやってバランスをとるという人もいます。

以上のような特徴が不倫を繰り返してしまう人の特徴です。