愛人からのlineを未読のまま読む男性心理

愛人からのLINEメッセージを未読の状態でわざとメッセージを読む既婚男性がいます。

これは、メッセージを送っている愛人の方からみると、そのメッセージを見ているのか?みていないのかも分からなかったり、自分が嫌われてしまったのか?それとも事故にあってしまったのか?そんなことすら愛人という立場では分からなくて、もやもやした気持ちになってしまいます。

なぜ、愛人からのLINEメッセージをわざわざ未読の状態で読むのでしょうか?

カウンセリングサービスにて、愛し愛されるパートナシップに関するカウンセリングを得意としているカウンセラーの真鍋純子さんに、愛人からのLINEを未読で読む男性心理をお伺いしました。

既婚男性がline未読のまま読む時の心理

既婚の男性がわざわざ未読の状態で、メッセージを読む時の心理としては、自分が不倫の恋愛の主導権を握りたいという気持ちが強いと思います。

不倫をしている既婚男性がこのように、不倫の恋愛の主導権を握りたいと思う気持ちの中には、自分で不倫の恋をコントロールして、自分の領域に愛人をはいってこさせないようにしたいという気持ちがあります。

この場合は、あまり不倫の恋に対して本気の状態ではなく、女性に対してハマりすぎないようにしているという気持ちがあらわれていることもあります。

というのが真鍋さんの心理分析です。

編集部が取材した実際にline未読のまま読む既婚男性

編集部が実際に不倫をしている既婚男性の中で未読でLINEメッセージを読むというという男性に、『離婚をする気があるのか?』という事を聞いてみたところ、わざと未読の状態で愛人のメッセージを読んでいる男性は、離婚をする気がないと答えました。

また、まさしく真鍋さんの心理分析通りに、『相手からの会いたいはうまくかわして、自分が会いたい時に会えるようにしている』という不倫男性ほど、未読の状態で愛人からのLINEメッセージを読んでいる傾向がみられました。

ただ、相手の愛人の方には未読で読んでいるという事を悟られないように、常に忙しいということを暗に感じるように、SNSなどの投稿をつかっているという既婚男性もいたので、愛人の方にとってはまさか自分のLINEメッセージがわざわざ未読の状態で読まれているという事になかなか気づけないかもしれません。