不倫が妻にバレた時に許してもらう方法

カウンセリングサービスにて、愛し愛されるパートナシップに関するカウンセリングを得意としているカウンセラーの真鍋純子さんに、不倫が妻にバレた時にはどのような態度をとると妻は許してくれるのか?ということについて解説していただきました。

不倫が妻にバレた時に許してもらう方法

不倫が妻にバレた時に許してもらう方法としては、洗いざらいすべてをきちんと妻に話すということが大切です。

もちろん妻は初めは、「絶対許さない」という態度をとることも多いと思います。そのような時は時間をかけるということが大切です。

全てを、誠実にきちんと話すという事が、妻に不倫がバレた時に、許してもらえる可能性が一番高い方法です。

奥さんに対して、奥さんが聞いてきた事はきちんと話すという事です。二人でどうにかなることであれば、話し合ったりすることもあります。

オレが全て悪いんだというように、夫の方が何も話さないでいると奥さんには不信感を感じるという事があります。

何年も許してもらえない時にはどうするべき?

やるべき事を全てやったら、後はもうしょうがないというのもあります。浮気したとはいえ、自分が我慢をしてしまうと、今度は奥さんを加害者にしてしまいます。

不倫をした時というのは、不倫をされたほうが被害者で、不倫をした方が加害者になってしまって、加害者はずっとあやまったり我慢をし続けるという構図ができてしまうことがあります。

そうすると、今度は妻の方が加害者になってしまうのですが、不倫の問題を解決しようとした時には、被害者と加害者の構図をやめないと解決がしにくいというところがあります。

不倫による夫婦関係の問題を解決しようと思った時に大切なことは、どうすればまた対等な関係になれるのか?また今まで空いていた隙間をどのようにしたら埋めることができるのか?という事を考えていくことが大切です。

焦らないで時間をかけていくことが大切です。

そんな簡単に不倫をされた傷を癒やすということができるわけではないのです。