夫が不倫をしていると分かった時に離婚する妻の特徴

夫が不倫をしていると分かった時に離婚を決意する妻にはどのような特徴があるのでしょうか?

実際に探偵の方などに聞いた夫が不倫をしていると分かった時に離婚をしようとする妻についてご紹介をします。

夫が不倫をしていると分かった時に即離婚を決意する妻の特徴

夫が不倫をしていると分かった時に、即離婚を決意する妻の特徴としては、下記のようなものがあげられます。

自分が働いていると離婚を決意することが多くなる

自分が働いている場合は、離婚をしても生活に支障がないので、離婚を決意することが多いです。

働いていなかったとしても、すぐに就職がみつかるような資格をもっている妻も同じ様に離婚を決意する傾向があります。

また、自分が働いていないとしても、実家が裕福で実家に戻れば生活ができるという妻も夫の不倫が分かった時に即離婚を決意することが多いです。

子供がいないと離婚を決意することが多くなる

子供がいる場合、子供が可愛そうだから自分さえ我慢すれば良いと思い離婚を思いとどまることがあるのですが、子供がいない場合というのは夫が不倫をしているとわかった瞬間に離婚をする妻は多いです。

家が賃貸であると離婚を決意する傾向にある

家が持ち家ではなく賃貸の家に住んでいる時の方が、夫が不倫をしていると分かった時に離婚をする妻は多くみられます

夫の不倫で傷つくと離婚をまず考える

夫の不倫に対して、「男は不倫をするものだから」と夫の不倫を気にしないタイプの妻は当然離婚などしないのですが、夫の不倫に対して【裏切られた】と感じるタイプの妻は、心の傷を癒やすという事が難しく結果的に離婚を決意することがあります。

夫の不倫で傷ついてしまう妻というのは、結婚生活を続けていても夫に裏切られたというフラッシュバックを何度も味わうので、夫の不倫に対する傷を癒やす方法を自分でもよく分からなくなってしまい辛い気持ちのまま時が流れてしまう事があります。

このように、簡単に言うと夫が不倫をしていると分かった時に即離婚を決意する妻の特徴としてはこのように夫の不倫を我慢して結婚生活を続ける必要がないという人はやはり離婚になります。

夫の浮気で離婚しない妻の特徴

逆に夫の浮気で離婚しない妻というのは専業主婦で収入的に夫と結婚していないと経済的に成り立たないと思っている妻は辛くても離婚をしないで結婚生活を続けるという事がよくあります。

妻が、夫の事が好きで別れたくないという気持ちが強い場合は夫と離婚しない事が多いのですが、夫の事が好きすぎるがあまり、その分夫の浮気で傷つきも大きいのだが、何かしら離婚を留まる理由を自分で見つけて我慢しているというケースが多いです。

また、人間は環境をできるだけ変えないようにたもつという習性を持っている。そのため環境を変える事に不安を抱いて、自分が離婚をしないで我慢しなくては行けない理由を自ら見つけ出して、自分を納得させてしまうという心理パターンもみられる。

浮気をされたことによって、自分に自信をなくしてしまい、離婚しても生活をすることができないのではないか?一生一人で孤独死なのではないか?とか自分なんて雇ってくれる会社なんてないのではないか?

このように自分に自信を失ってしまい夫の浮気に傷ついても結果的に離婚せずに現状を維持しようとするという人もいます。

そのようなことも踏まえると、夫が不倫をしていると分かった時に離婚する妻としては、自分に自信があるタイプともいえるでしょう。

とにかく安く探偵に不倫の証拠を頼みたい

夫や妻が浮気しているような気がする
今後の為に浮気の証拠が欲しい
でもお金はかけたくない

そんな人にぴったりの探偵を
格安で紹介してくれるんです


通常の探偵の料金の20%OFFで頼める方法が・・・
>>>続きはこちら