既婚者の恋の結末

既婚者といえども、心を縛ることは難しいので恋をしてしまうことはあります。けれども独身同士の恋愛とはいくつか違うところがあります。今回は既婚者の恋の結末で多いものをご紹介させていただきます。

既婚者の恋の結末

既婚者の恋の結末はどのようなものが多いのでしょうか?

相手もしくは自分の配偶者にバレて別れさせられる

これが、独身同士の恋愛ではないパターンの既婚者の恋特有のものになります。既婚者の恋の場合は、自分にも妻や夫がいたり、相手にも妻や夫がいることがあります。

その結果、相手の配偶者もしくは、自分の配偶者に不倫がバレてしまい。慰謝料の請求に発展したり、もう会わないという念書を書かされて別れさせられたということがあります。ただ、不倫がバレても一度目はその後も水面下で続いていて2度目にバレて本格的に別れるというパターンもあります。

不倫が、相手もしくは自分の配偶者にバレるケースで一番多いのは寝ている間に手を使われて指紋認証ロックをはずされてLINEのやりとりをみられたというパターンやお風呂に入っている間に、パスワードを使ってLINEをみられたというように、スマホのLINEをみられることで、配偶者に発覚するパターンが一番多いのです。

スマホのロックと、LINEもさらに別のパスワードでロックをかけておく、もしくはカップルアプリなどのアプリを使って愛人とはやり取りを行い、そのアプリのアイコンをアイコンきせかえアプリをつかって別のアイコンにするなど、色々な工夫をして不倫をしている人もいますが、スマホからの不倫の発覚は一番多いパターンになります。

その他、配偶者が不倫に気づいた事例としては、カーナビの履歴があげられます。カーナビの履歴をチェックした時に、昨日は残業で会社にいたといっていた夫が乗っていた車のカーナビの履歴が、全然会社とは違う場所だったり、中には休日出勤といっていた夫のカーナビの履歴がディズニーランドだったということでなんか怪しいと思われてそこから妻が色々とチェックをしていって、不倫が発覚というケースもあります。

逆に女性の既婚者で夫に不倫が発覚する例としては、子供が『最近お母さんの様子がおかしい』とお父さんにいって、そのまま探偵をつけてみたら不倫をしていたというケースがあります。このように、男性の場合は些細な変化に気づくことは少ないのですが、子供がお母さんの変化に気づいて不倫発覚というようになります。

またバレそうになったからとか、配偶者になんだか疑われるようになったから不倫をやめようとお別れになることもあります。

また既婚女性の恋の結末として、自分のところは旦那にバレてしまい、旦那が許さなくて離婚となってしまったが、相手の男性のところは嫁が不倫を許してそのまま結婚を継続し、結果的に自分は働いていなかったのに、旦那から別れをつげられて収入もなく、彼氏もいなくなってしまったという悲しいケースもあります。

離婚をして再婚をする

不倫をしていた側が、同居をしていたときから不倫をしていたという事実が発覚した場合、不倫をされていた側が納得しないと、なかなか離婚をすることは難しいのですが、不倫をしている事がバレずにそのまま離婚となるケースや、不倫をされた側が不倫を知って離婚を言い渡すというケースもあります。

離婚をして再婚をするので、一番多いのは共働きで子供がいないような場合では不倫から離婚に発展するケースがみられます。

既婚者の恋特有の離婚はせずに別居

既婚者の恋の行方の特徴として、子供がいるような場合、離婚はせずに基本的には別居をして愛人と住んで週末だけ家族のもとに帰るという男性もいます。サラリーマンでこのパターンは少ないのですが、社長業や会社役員をしていたり、その他医師や税理士などをしている人にはこのケースがみられます。

離婚をしない理由としては、子供の学校の入学などが理由に挙げられます。離婚をすることなく、別居をすることでお互いいがみ合うことも少なくなり、同居を続ける家庭より結果的に関係が温和になっている事が多いのも特徴です。

別居をしていても、家族には婚姻費用といって生活するためのお金を受け取る権利があり、これは未払いになると給料を差し押さえすることもできるものになります。

離婚して、慰謝料をとるよりも婚姻費用の方が金額が高いという事を理由に、不倫が発覚しても、離婚をせずに別居をしているケースもあります。その為、不倫が発覚しても、不倫をした有責配偶者側からの離婚をすることは難しいので、そこを不倫された側が上手く利用し、一緒にいるのは嫌だけれども婚姻費用は欲しいと言う人は、離婚にせずに別居を選ぶということがあります。

既婚者と独身の恋のお別れ

既婚者と独身の組み合わせの場合、独身の方の方が、このまま不倫を続けていても自分が結婚を出来ないからという理由でお別れをしたり、逆に独身女性の方が既婚男性に離婚を迫り、男性の方が困ってお別れをするというようなケースもあります。

この場合、段々と距離をおいてお別れになる場合もありますが、社内不倫等の場合は、何度もくっついて別れてを繰り返し、最終的に別の独身の人とおつきあいをすることになってやっとお別れになるということもあります。

以上が既婚者の恋の結末として多い例になります。既婚者の恋は刺激的な分配偶者や周りの人間にバレないようにと常に意識を払うようにしましょう。