不倫から略奪を成功させて結婚する為にやってはいけないこと

離婚をするという事が昔よりもハードルが下がってきて、不倫から略奪を成功させて結婚したという人も周りでも増えてきているのではないでしょうか?

少し前でしたら、絶対叶わない恋といわれていた不倫も、今では必ずしも叶わない恋ではなくなってきています。

それでも、不倫から略奪を成功させて結婚を考えるのではあれば、相手の男性に対してこのような行動をとってしまうと、不倫から略奪を成功させて結婚することが難しくなるという行動がいくつかあります。

不倫から略奪を成功させたいと思っている女性のために、不倫から略奪を成功させるために、やってはいけないことについてご紹介します。

不倫から略奪を成功させて結婚を狙うなら彼を否定しない

これは、一番大きなポイントになります。女性には想像がつかないほど、男性は感覚的に、敵と味方という感覚だったり、上下関係に敏感なところがあります。

もともと男性ホルモンであるテストステロンが闘争本能があり、女性はどちらかといえば調和を好むというところが理由です。

その為男性は常に社会で、この人は自分の味方なのか?敵なのか?というのを本能的に感じていますし、常に自分の味方でいてくれる女性を特別な女性として認識するところがあります。

特に既婚男性にとって、最初は自分の味方だと思っていた女性が妻になり子供を持つようになると、妻はそんなつもりがなくても、ちょっとした一言が男性は自分が責められていると思ってしまう事が多く、特に不倫をしている男性の妻はその傾向が強いのです。

例えば、

既婚男性が部署が変わって辛いなと思っている時に妻は、自分と自分の子供の生活を守るために、既婚男性の給料に関して心配してしまうところがあります。

「お給料は変化ないのよね?」

という一言を言ってしまったりするのです。これは女性の子供と自分の生活を守ろうという本能が原因だったりするのですが、仕事が辛くてそれでもこんなに耐えているのにと思っている既婚男性にしてみれば、この一言がすごく追い詰める一言になってしまいます。

その結果、既婚男性は自分の辛いという気持ちを汲み取ってくれる女性と不倫をしてしまうということがあります。

そういう時に、男性の味方でいてくれて、「あなたならきっと大丈夫」といってくれる女性と男性と人生を一緒に過ごしたほうが、幸せになれると感じるようになります。

けれども、不倫をはじめて最初はこのように男性の気持ちを汲み取れていた愛人の方もだんだんと、本当に愛されているの?離婚してくれるの?私はずっと一人なの?と色々と彼に対して疑心暗鬼で不安になってしまうので、「なんで離婚しないのよ!」と彼に対して責めるような事を言ってしまいやすくなります。

また、直接は責めていなくても、女性のことを常に幸せにしたいと考えている男性にとって、泣かれるというのは、責められることにつながってしまいます。

一緒にいる時には笑顔でいると、男性は自分が幸せにできていると思って一緒にいると楽しいと感じるようになります。

このように、不倫から略奪を成功させて結婚を狙うなら彼を否定しない、怒ったり、責めたりしないということを気をつけてみてください。

不倫から略奪を成功させて結婚を狙うなら合鍵を渡さない

本気の不倫をしていて、不倫から略奪を成功させて結婚したいと思うのであれば、ひとり暮らしの女性の場合は合鍵は渡さないほうが不倫から略奪を成功できる確率があがります。

その理由は、不倫の関係から離婚をして再婚を男性に決意させるのに、合鍵も渡していてどこも心配なところがないというのも、男性が安心しきってしまうからです。

合鍵を渡して同じ部屋に住むというのは、不倫から略奪を成功させて結婚してからやればよいことであって、既婚男性には一緒にいない時は一体何をしているのか?よくわからないくらいの関係のほうが、男性のほうがなんとしてでも自分のモノにしたいと思うようになります。

不倫男性が追いかけてきて、どうしても自分のモノにしたいと思うような彼の知らない部分を作るためにも合鍵を渡さないようにしましょう。

不倫から略奪を成功させて結婚を狙うなら一緒にいる時に愛をたしかめない

Processed with VSCOcam with kk2 preset

これも、不倫で本気になればなるほど、女性は一緒にいる時に、男性が本当に自分のことを愛しているのか?

彼と一緒にいる時に、そればっかり考えてしまって、一緒にいる時間をだんだんと楽しめなくなってしまう女性が多いのです。

せっかく大好きな彼と一緒にいるのに、普段の積もり積もった不満が爆発してしまって彼の愛情を確かめるようなことをしてしまうと、男性はそれを敏感に感じ取ってしまって一緒にいるのが辛くなってしまったり、重たい気持ちになってしまいます。

女性は、自分がどれだけ辛いか?わかってほしいという気持ちからそのような行動をとってしまうのですが、自分のつらい気持ちは彼になんとかしてもらおうとするのではなく、ノートに書きなぐって発散したり、自分で解消するようにした女性の方が不倫から略奪成功して結婚しています。

どうしても、この彼と結婚するんだという覚悟を持っている女性の方が、このように自分で自分の気持ちをコントロールをできるようにしています。

実は、不倫から略奪を成功させて結婚した後もこの技術はすごく有効で、自分の不満を旦那にぶつけてしまうと、また不倫されてしまう人が多いからです。

いまのうちに、自分の感情や自分の不満は自分で発散して解消できるようにしてみると良いと思います。

不倫から略奪を成功させて結婚を狙うなら一緒にいない時間に彼に依存しない

本気の不倫をすればするほど、不倫をしている女性の多くは、全ての生活が既婚男性中心になってしまいやすく、なかなかこれは難しいのですが、一人でいる時にどれだけ自分を自分で楽しませる事ができるか?というところが重要になってきます。

彼と一緒にいる時間も、携帯を握りしめて彼からの連絡ばかりまって、彼から連絡があれば幸せ、なければ不幸というように彼に依存した時間を過ごしていると、彼のほうが重たい気持ちになって一緒にいても楽しくありません。

一緒にいるときには、彼に頼って彼に甘えるけれども、一緒にいない時は自分で自分のことを思いっきり楽しませるようにするという事が大切です。

そのためにも、自分が何をすれば彼のことを考えなくてすむようになるのか?一人の時間を楽しく過ごすことができるのか?自分で自分のことを把握しておくとよいでしょう。