既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送ってくる心理とは

職場の既婚男性や飲み会であった既婚者が思わせぶりなLINEやメールを送ってくるということはありませんか?

結婚しているのに、『愛している』とか『デートしよ』などと思わせぶりなLINEやメールを送ってくる心理はどのようなものなのでしょうか?

既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送るのは女性を幸せにしたい心理から

既婚者なんだから、自分の妻と子供をまず幸せにすればいいじゃん!!奥さんが自分の旦那が他の女にこんな思わせぶりなLINEやメールをしていたら悲しむじゃないの!?と憤慨する女性もいるかもしれませんが、既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送ってしまう心理の一つにいろんな女性を幸せにしたいという気持ちがあります。

これは男性の心理特有のものなのですが、女性が喜んでいる姿をみることで、自分は女性を喜ばせているんだと自分に自信をつけることができます。

男性は、本来ヒーロー願望が強いので、女性を喜ばせるということがとても好きで、女性を喜ばせている姿をみて自分に自信をつけます。

例えば自分が子供の頃にお母さんがつらそうだったという思いが強いと、女性をみるとなにか幸せにしてあげなければいけないという思いが無意識に働きます。

これは本人が意識していない、潜在意識下で働いているのですが、女性をみると思わせぶりなメールやLINEをしてしまう男性の無意識の心理でこのように、女性をみると、いろんな女性を自分が幸せにしたいと思って無意識にこのような、思わせぶりなLINEやメールを送ってしまうという事があります。

既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送るのはモテるのか?試したいから

また、これも実際に自分で認識している男性が少ない心理ではあるのですが、既婚男性は結婚したことによって、恋愛市場から遠ざかっているなんだか物足りない気持ちになることがあります。

特に、家庭の中で妻から尊敬や感謝をしてもらえなかったり、セックスレスになっていると物足りないような気持ちになってしまったり、自分に自信を失ってしまうところがあります。

そこで他の女性に思わせぶりなLINEやメールを送って自分はまだ男してみられているのか?というように、反応によって自分の自信を取り戻そうとします。

本人はなんとなく、送っている程度にしか自覚がないのですがこのような心理が無意識に働いています。

既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送るのはトキメキを取り戻したいから

また、モテるのか?男としてまだイケるのか?確かめたいという心理に少し近いのですが、既婚者となって、妻に男性として頼ったりみられなくなってしまったり、セックスレスになってしまうと、男性は寂しい気持ちになることがあります。

本人は、妻が男性としてみてくれないから寂しいとはっきりと本人が認識しているわけではないのですが、男性としてみられないと自分に自信がなくなってしまいます。

その結果まだ自分は男性としてみられているのか?確かめる意味や、女性に思わせぶりなメールやLINEを送って昔の思いを体験したいというような思いから思わせぶりなLINEやメールを送ります。

既婚男性が思わせぶりなLINEやメールを送るのはあわよくば不倫したいから

既婚男性の中には、思わせぶりなLINEやメールを送る人の中には、不倫できるならしたいと思って、思わせぶりなLINEやメールを送っています。

けれども、既婚男性がこのように不倫をしたいからと思って、思わせぶりなLINEやメールを送っている時というのは、自分が不倫をできそうな女の子にターゲットを絞って送っている事が多いのです。

既婚男性が思わせぶりなLINEやメールで不倫できそうと思う女性

○パワーストーンやパワースポットが好きな女性

○服装がモテ服を着ている

○男性に媚びている態度をとっている

○いつも彼氏や旦那の愚痴をいっている女性

○離婚したばかりの女性

○仕事がうまくいかない女性

○強がっていて甘えベタな女性

○長女の女性

○親が厳しい女性

このように、弱っている女性や少し依存的な女性だったり、周りに上手く甘えることができずに一人で無理して頑張っている女性をみると思わせぶりなLINEやメールで不倫をすることができるかな?と期待して、思わせぶりなLINEやメールを送る事があります。

特に、あまり他人に甘えることができずに一人で頑張ってしまいやすい女性は、ロマンティックでかつてもらったことがないような甘いLINEやメールの文面に最初はその気がなかったのに、だんだんと本気になっていってしまう事があります。

既婚男性から思わせぶりなLINEやメールが来た時の対処法

既婚男性から思わせぶりなLINEやメールが来た時の正しい対処法としては、「またまた~」というように冗談として上手くかわしてしまうのが、その気がない時には効果的です。

その時に少しでも隙をみせると、この娘は押せばいけるのか?と勘違いしてしまうことがあります。

冗談として、上手く交わしてしまうくらいの対処法をさらっと身につけるようにしましょう。

もしくは、面倒くさい時の必殺技。当たり障りのないスタンプ1つでの返信もおすすめです。