美人な妻がいるのに不倫をする男性の心理とは?

美人な妻がいるのに不倫をする男性というのは、実は意外に多いのです。例えば美人な妻がいるのに、もっと若い愛人をつくるというのであれば、なんとなく想像できる範囲かもしれないですが、美人な妻がいるのにもかかわらず、妻よりもずっと顔面偏差値の低い女性と不倫をする男性も沢山います。

実際に、美人な妻がいるのにもかかわらずブスな女性と不倫を重ねている男性数人に話を聞いてみて、本人達が認識している顕在意識の心理と、本人たちが認識していない潜在意識の心理について分析をしてみました。

美人な妻がいるのに不倫をする男性たちがいうこと

誰がみても、美人でスタイルが良いという妻を持っている男性になぜ美人な妻がいるのに、妻よりもブスな人と不倫をするのか?と聞いてみると、ほとんどの男性が、美人な妻がいるから、外見にこだわりがないという。

この不倫をする男性の中にも実は2種類のパターンがあって、一つはいわゆる出会い系で出会うタイプの不倫男性です。

出会い系で愛人を探しいてる男性は、妻は『俺の妻』と世間に公表されるので、学歴だったり容姿だったりということを意識するが、不倫相手というのは誰かにみせるものではないので、容姿はよっぽど駄目じゃなければよいという意見を持っている男性が多かったです。

このタイプの男性は恋愛もそこまで求めているわけでもなく、セックス目的だったり、妻に隠れて悪い事をすることで、バランスを保っているようなタイプの男性が比較的多いようにみられるました

中には、容姿があまり綺麗じゃない女性の方が、自分は美人じゃないから頑張らなきゃいけないという意識があり、セックスがエロくてよいなんて発言する男性もいるくらいです。

さらに美人の女性はちやほやされて当たり前という意識が強く、人妻でセックスに飢えているタイプじゃないとセックスまでに時間がかかるというのも、奥さんよりも顔面偏差値が低い女性と不倫する男性の意識としてあります。

もう一つの不倫をするタイプの男性は、社内恋愛だったり、実際に知り合いの人と不倫をするタイプです。

このタイプの男性は、比較的出会い系で出会うタイプの人々よりも、奥さんと似た傾向の女性と不倫をしているケースが比較的多くみられます。

だったら、奥さんでよいのではないか?と思うかもしれませんが、家の中で奥さんが子供に夢中で自分に目がむいていなかったり、奥さんとの関係があまりうまくいっていなくて、お互いに言葉にださなくてもどこかすねたような感じになってしまっていて、妻に甘えたりすることができないので、他の女性をつくることがあります。

どんなに美人な奥さんだったとしても、コミュニケーションがうまくいっていなかったり相手や自分が拒否することでセックスレスになってしまう事があり、その結果不倫をしています。

まずこのようなことが美人な妻がいるのに不倫をしているしている男性が自分で認識をしているいわば顕在意識下の不倫をする理由です。

美人な妻がいるのに不倫をする潜在的な男性の心理とは?

美人な妻がいるのに、不倫をする男性の潜在的な男性心理として、中には美人な女性や周りからすごいといわれるような女性と結婚して、周りにすごいと思われたいという元々周りからの称賛がないと、自分に自信がなくなってしまうタイプの男性がいます。

このようなタイプの男性は、結婚した後、妻が子供に夢中だったり家の中で妻にないがしろにされて日々を過ごしていると、自分ひとりで自分に自信を持つことができず、不安になってしまいます。

その為、既婚なのに独身の女性と付き合える俺ってすごいという感覚を得ることで妻から得られないものを得ようとするところがあります。

つまり、周りからすごいと思われたいという気持ちが少なからずあって美人の妻と結婚する男性というのは、結婚してしばらくたった後に、妻が男性を褒めて常に男性の自信をうめるような行動や言動を続けていないと、不倫をしやすい傾向にあるといえるでしょう。

もちろん、このことに不倫をしている男性本人は気づいていないので、本人言っても否定をされてしまうだけになります。

美人な妻がいるのに不倫をする男性というのは、家庭の中で満たされないものを抱えているからこそ不倫をしていることがほとんどです。