妻の浮気調査をする男性は離婚を決意している!?

妻の浮気調査を行う男性について、ラビット探偵の河田さんに色々とお話をお伺いしました。

妻の浮気調査を依頼しようと思う動機

男性が妻の浮気調査をしてみようと思いはじめるような動機というのは、下記のようなものが有ります。

  • 妻のアクセサリーの趣味が変わった
  • 妻の服の趣味が変わった
  • 妻の帰宅が遅くなった
  • 妻の下着が派手になった
  • 新しい習い事を始めた

このようなことから妻の浮気を疑います。もちろんこの状態で、探偵に依頼をしてしまって、本当に浮気をしているのか?という事を確かめる事も可能です。

妻の浮気を男性が確信するもの

アクセサリーや下着の趣味だけでなく、ほぼ浮気をしているなと浮気を確信している人もいます。

そのような人は、

  • 裸で抱き合っている写真を妻のスマホから見つけた
  • LINEやメールでホテルに行ったということが分かるやり取りがある
  • 浮気相手とセックスをしている動画がある

このようなものを妻のスマホをチェックして自分のPCなどに転送をしているという事が多いのです。

そして、離婚をするにも、継続的な不貞を行っているという証拠が必要になるのですが、このような証拠を既に持っている場合は、探偵が証拠を抑えるのが1回で済むということもあるので、結果的に料金が安くなるということがあります。

妻の浮気調査をする男性の特徴

妻の浮気調査をする男性というのは、妻が浮気をしているという事がはっきりとわかった時点で、もう離婚を決意するということが多いです。

女性の場合は、子供の事を考えて離婚を思いとどまるというケースもあるのですが、男性は妻の浮気が確定した場合、あっさりと離婚をします。

また、女性が浮気調査の相談に来られる場合は、『浮気の証拠をとる』と腹をくくっている人が多いのですが、男性の方が相談にこられる場合は、『こうなってこうなった場合の金額はどうなるのですか?』と細かいことを質問される傾向がみられます。

妻の浮気調査のやり方

妻の浮気調査のやり方としては、まずは電話で予約をして面談をします。どうして、妻の浮気調査を依頼しようと思ったのか?というヒアリングなどを行います。

そして、相談者が持っている妻が浮気をしていると思うような証拠を確認します。妻の浮気を立証して、慰謝料をとるもしくは、浮気を理由に離婚の申し立てを行うためには条件が必要です。

その中に、不貞行為の継続性が必要になります。つまり、最低でも3回ぐらい妻が浮気をしている証拠がないと離婚理由として認めてもらえない事があります。

その為、どのような妻の浮気の証拠を既に持っているのか?という事をヒアリングでききます。平均して3回程度はホテルや相手の自宅に長時間いるという写真が必要になりますが、妻の浮気調査を依頼する段階で

  • 妻と浮気相手が裸で抱き合っている
  • 明らかに性行為をしている写真がある
  • ラブホで撮影した写真を持っている
  • 妻と浮気相手のやりとりのLINEで、『今日のホテルは良かった』というような性行為が行われていることが分かる内容のメッセージの内容を持っている。

というようなものがあって、妻の浮気の継続性が証明できる場合は、必ずしも3回ラブホに入る写真が必要というわけではありません。

妻の浮気を証明する重要な証拠について

妻の浮気調査の場合、自分で浮気の証拠をおさえようとするのは、難しいです。

たとえ、妻と浮気相手の尾行が成功して、ラブホテルに入る瞬間の写真をスマホでとったとしても、慰謝料請求時に証拠となる写真として使えるものにするためには、いくつかポイントがあります。

それを全て、ラブホテルに入る瞬間に考えてさっと撮影を行うというのは、撮影の回数をこなしているプロでないと厳しいでしょう。

妻の浮気調査のやり方

  1. 面談で相談者持っている証拠等や浮気の状態を確認
  2. 尾行する日程を決定
  3. 尾行を開始
  4. 後日、浮気の証拠となる報告書を提出

妻の浮気調査の場合の報告書について

妻の浮気調査の報告書に関して、実際に不貞行為が認められる場合はそのまま不貞行為の継続性がみとめられるような証拠を揃えます。

また報告の仕方は直接お会いしてお渡しする場合もありますが、急いでいる場合は、近くの郵便局の局留めで送付をして、依頼者の方が身分証をもって受け取りに行くというスタイルをとります。

以上が、ラビット探偵社河田さんに教えていただた、妻の浮気調査についてでした。