自分の夫や妻が不倫!興信所に頼むメリットと安く証拠を抑える方法

自分の夫や妻がなんだか最近行動が怪しい・・・。そんな風に気になって自分と夫や妻のスマホをこっそりと見てしまった・・・。

そしたら、浮気の証拠がたくさんでてきて、なんとなく怪しいと思ってはいたものの実際に証拠をみてしまうとショックをうけてどうしていいか分からないという人も多いと思います。

今回、スマホやカーナビの履歴などで、ほぼ配偶者が不倫をしているという時に、興信所にきちんと証拠を撮ってもらったほうがいいのか?ということについてご紹介をします。

不倫された時に興信所に頼むメリットとは

実は、離婚をしたい人も、離婚をしたくない人も興信所に裁判で有効な不貞の証拠をとってもらった方が自分にとって有利になることが多くなります。

今回は、その理由について詳しくお話します。

離婚したくない人が不倫された時に興信所に頼むメリット

離婚をしたくないと考えている人も、興信所に不倫の証拠をとっておいてもらうと、離婚をしないですむ確率が大きくなります。

その理由は、不倫をしている相手が離婚をしたいと言ってきても、当然離婚をしたくないあなたは応じません。その状態が続くと今度は離婚調停になります。

離婚調停となった時に、相手の不貞の証拠があると、不貞をした相手は有責配偶者となり、有責配偶者からの離婚の申し立てというのは、ほとんど認められません。結果的に離婚をしたくないあなたは、相手の不貞行為の証拠を持っていることで離婚を回避できることがあります。

ただし、この場合も相手が不貞をしていたと認められる証拠が必要になります。その証拠というのがいくつかあるのですが、一番確実と言われているのが、ラブホテルや相手の部屋に入る写真が複数回分あると不貞行為があったことが認められる事が多いです。

場所がどこなのか?というように背景も分かるように写して、さらには、相手の顔がはっきりと分かるようにするという不貞の証拠となる写真を一瞬の隙にポイントを抑えて撮影することはとても難しいのです。

その為、興信所に頼んだ方がきちんと証拠となる写真を手にする事ができます。また離婚したくないという人は、勝手に離婚届けを役所に出されてしまわないように離婚届けの不受理申出をしておくことで、勝手に離婚届を役所に出されてしまうことが回避されます。

離婚届の不受理申出書は役所でもらうことができます。この届け出をしておけば6ヶ月間は勝手に離婚届を受理されるということがなくなります。

離婚したい人が不倫された時に興信所に頼むメリット

離婚をしたいという人も、不貞行為の証拠はきちんともっておかないと、旦那との話し合いで上手くいかなかった場合には離婚調停に発展します。

そうなった時に、離婚を申し立てする理由として、相手の不貞行為の証拠が離婚を申し立てする正当な理由として効果を発揮してくれます。

このように、離婚をするにしても離婚をしないにしてもどちらにしても興信所に頼んで裁判で有効な不貞行為の証拠をおさえて持っておくと自分にとって有利になることが多いのです。

不倫の調査を興信所に頼む時の注意点

興信所のすべてが良いところとも限りません。残念ながらお金を払ったのに、裁判所で不貞行為の証拠として使えないような写真を撮ってこられたという被害や事前に依頼をした時間帯に調査を行っていなかったという被害、さらには、事前に契約した料金から追加料金を高くとられてしまって、結果的に高くなってしまったというような例もあります。

このような不倫の調査を興信所に頼む時にどこに頼めばよいのか?困りますよね。初心者の人にはおすすめしたいのは、街角探偵所という探偵のコンシェルジュです。

この探偵のコンシェルジュというのは、電話をして自分が興信所に相談したい案件にピッタリの探偵を紹介してくれます。さらには、料金も通常の20%OFFで興信所に不倫の調査をお願いすることができます。

>>>街角探偵事務所について詳しく知りたい方はこちら

不倫の調査を興信所に頼むのは早い方が良い!?

不倫の調査を興信所に頼むのは早い方がよいでしょう。その理由は、不倫で慰謝料を請求できる期間は決まっていて、不倫を知った日から3年と決められています。

それを過ぎてしまうと時効となってしまい、不倫の慰謝料を請求することができなくなってしまいます。

このように、不倫をされた時というのはショックが大きく冷静に色々と考える事ができなくなってしまいやすいのですが、まず自分はどうしたいのか?という事を自分と向き合って考えてみるという事が大切です。