不倫男性がlineを既読しない理由について

不倫相手の彼からlineが来てすぐに返事を返したのに、lineが既読されない時、ずっと彼から連絡が来ないから思い切ってメッセージを送ったのに、既読されなくてイライラしたり悲しい思いをしたりしませんか?

こんな風に不倫の恋というのは、こんなlineのメッセージの一言でも普通の恋愛よりも激しくなりやすいものです。

今回は、返事ができそうなタイミングでメッセージを送ったのに、不倫男性が既読しない理由を実際に既読しなかった経験がある不倫男性の意見のもとにまとめてみました。

あえて既読をしていない場合と、仕事が忙しかったり携帯を忘れてしまっていたり様々な理由で既読ができない理由がありましたので、2つのパターンにわけてご紹介をします。

既読しない理由

意図的に既読をしていない時の不倫男性の行動についてご紹介をします。

見たくないメッセージだった

スマホのポップアップで、メッセージの内容は、だいたいみているけれども、見たくない内容だったり、今はメッセージを返信する気分じゃないと思ったのでそのままにしたとのことです。この時の、不倫男性が見たくないと思ったメッセージの内容としては下記のようなものになります。

既婚男性が見たくないと思ったメッセージ例

『どうせ奥さんと一緒にいるんでしょ』

『私なんか遊びなんでしょ』

『もういい』

このような内容のメッセージが、突然来たので、見たら疲れるから今は見たくないと思った。さらには、既読をつけたら返事を返さなくてはいけないような気がしたので、既読にしないでおいたという男性の本音がでてきました。実際に未読無視をした不倫男性達は、突然このようなメッセージがきて訳が分からないといっていました。

おそらく女性の方は、いつ彼から連絡が来るのだろうと待っていて、彼から連絡が来ないのでしびれをきらして連絡をしたので、イライラしていた状態なのかなと思われます。受け取った、不倫男性からみると、何の脈絡もなく突然このようなメッセージがきて、面倒くさいなという気持ちになってしまった結果です。

一緒にいない間も、ずっと好きな男性の事を考えていられるというのは、女性の脳の特有の事なのですが、このようなメッセージを送ってしまった愛人の方たちは恐らく、自分と同じ同性として彼の事を考えてしまっていて、『私の事を好きだ』と思っているのであれば、自分から連絡をしたいと思うものだろうと思ってしまって、連絡がないということは、私は愛されていないと悲しい気持ちになってしまったのかなと想像できます。

奥さんといる間はブロックしている

次に、既読にしない男性の状態として、奥さんと一緒にいる間は、愛人の方からメッセージが来ると気になってしまったり、奥さんに怪しまれたりするので、奥さんと一緒にいる間はlineメッセージをブロックしているという男性がいました。lineのメッセージは、ブロックをしている間は受信をしないので、当然既読がつくことがありません。

ただlineブロックされている間に送ったメッセージは既読にならなくて、ブロックを解除されている間に来たメッセージは既読がつくのがlineブロックをされている時の状態です。

愛人の方に『奥さんと一緒にいる時はlineをブロックしている』とちゃんと伝えていない男性は、『なんだかlineが調子が悪い』という一言で愛人の方をごまかしているそうです。

他には、きちんと愛人の方に『奥さんと一緒にいる時はlineをブロックしている』という事を伝えているという男性もいましたが、どちらにしても奥さんと一緒にいる時にlineブロックをする男性は家庭を一番に大事にしているので略奪とかは難しいタイプでしょう。ただし、離婚をすすめていて不倫がバレてしまうと離婚ができなくなってしまうなど、かなりのところまで話が進んでいる場合は別です。

物理的に既読にできない

これは、単純に既読ができなかったという例です。スマホを別の場所においてきてしまったから既読できなかったり、仕事が忙しすぎて既読ができないという状態の時になります。

lineが既読にならないと不安になってしまう女性が多いのですが、実際は仕事が忙しくてスマホをみることができなかっただけなど物理的にlineを既読にすることができなかったということがほとんどなので、そんなに心配する必要はないと思います。

不倫男性のline既読にしない時の注意点

不倫男性がlineを既読にしないと、『私何か嫌われることした!?』とパニック担ってしまう愛人が多いのですが、まずは落ち着きましょう。

そんな風に思ってしまうのは、あなたの物事の見方に『認知の歪み』と呼ばれるものが発生しています。

認知の歪みの特徴の1つとして、思考が極端過ぎるところがあります。

Lineが既読にされない=嫌われた

どうでしょうか?正しい情報ではないということが客観的にみると分かるのではないでしょうか?

Lineが既読にされない  =仕事が忙しい

=スマホをなくした

  =取引先と会食中

 =寝ている

などなど理由はたくさんあるのに、すぐに嫌われたと思ってしまうこのネガ被害妄想女子まっしぐらにいってしまうのはとても危険です。せっかくうまくいっている二人の関係を悪くしてしまいます。

『lineが既読にならなくても私は愛されている』

この魔法の言葉を唱えていれば、より彼に愛される女性になれる態度がとれるようになります。まずは落ち着いて下さい。