不倫の状態から離婚になったのはどういう時?実際に離婚になった例

以前は、不倫から離婚に発展するという事は少なかったのですが、現在は女性が社会に進出して、離婚をしても女性が生活をする事ができるので、我慢をして結婚生活を続けなかったり、離婚自体が増えて夫婦だからといって我慢をして一生一緒に過ごすという事もなくなりました。

今回は、どのような状態だと、不倫の状態から離婚に発展する事が多いのか?という事についてご紹介します。

妻が働いていて、子供がいない場合は不倫から離婚が多い

不倫をしていた男性の妻が働いていて、子供がいない場合というのは、自分の夫が不倫をしているという事がわかった途端に妻のほうから離婚をいうというケースが多いです。

妻の方も、不倫された事を我慢してまで結婚をしている意味がないというのと、子供がいないというのは、夫婦が離婚し易い状況でもあります。

実際に、不倫をしていて、愛人を愛していても離婚をしないという男性の多くは子供がいるからとか、子供と離れたくないからというように、不倫をしている側も子供を理由に離婚をしない男性も多いですし、逆に不倫をされた側も子供がかわいそうだから離婚をしたないで我慢するというくらい子供は離婚に対してストッパーになるケースが多くあります。

子供がいなく、共働きの状態で不倫が発覚するとそのストッパーがないため離婚をしやすいでしょう。

妻側が不倫をしていたケースは離婚しやすい

不倫も、夫が不倫をしていても離婚をせずに我慢をする妻は多いのですが、夫は妻が不倫をしている事がわかると、我慢をせずに離婚をする夫は多いです。

その理由としては、本能的に男性の方が自分で子供を産めない分、相手の浮気に敏感ということもありますし、またまだまだ男性の方が働いていて、妻を養っているという事も多いので、夫は離婚をしてもあまり困らないからという事も理由になります。

その為、我慢をして不倫をした妻と一緒に暮らして生活費を出したくないから離婚を選択する夫は多いのです。

よっぽど職業的に離婚をすると、出世できなくなったり仕事で不利になるような場合は別ですが、それ以外は過半数以上が妻の不倫が発覚していると離婚しているというケースがみられます。

不倫男性が愛人のところに入り浸ると離婚にいたるケースが多い

不倫男性が、愛人の家に暮らしだして中々自宅に帰らなくなったり、愛人と一緒に暮らす為の家を探し出すというように、家族よりも愛人と仕事以外の時間を過ごすようになると、かなり離婚をする可能性が高くなります。

逆に、どんなに愛しているとメッセージを送っていても、実際はあまり愛人と会っていなかったり、家に必ず帰ったり、誕生日やクリスマスなどのイベントは必ず家族と過ごしているというような状態の場合はまだ男性が離婚をすると決めていないような状態です。

愛人の妊娠が発覚して不倫から離婚したケース

愛人の妊娠が発覚して不倫から離婚をするというケースもあります。特に、夫婦の間に子供がいなくて、愛人に子供ができた場合というのは、離婚をする確率が高いです。

けれども、中には言葉では、「愛している」と甘い言葉を言いながらも、愛人の妊娠が発覚した時に、愛人に「子供を堕ろしてくれ」というような不倫男性もいるので、愛人の人が略奪のための子供を作るというのは危険です。

以上が不倫から離婚にいたったケースで多いものになります。

とにかく安く探偵に不倫の証拠を頼みたい

夫や妻が浮気しているような気がする
今後の為に浮気の証拠が欲しい
でもお金はかけたくない

そんな人にぴったりの探偵を
格安で紹介してくれるんです


通常の探偵の料金の20%OFFで頼める方法が・・・
>>>続きはこちら