既婚男性と独身女性の恋愛が成就する方法

既婚男性と独身女性の恋愛の場合、独身女性は辛いと感じる人が多いのではないでしょうか?毎日、いつ彼と会えるのか?ということばかりを考えてしまったり、彼からデートの約束をドタキャンされてしまうとすごく悲しい気持ちになってしまうということもあると思います。今回はそんな不倫成就の方法についてご紹介をします。

既婚男性と独身女性の恋愛(不倫)が成就する時

今回は、既婚男性と独身女性の恋愛のケースで既婚男性が嫁とは離婚をして独身女性を選ぶのはどういう時なのか?独身女性はどのような事をすればよいのか?ということについてご紹介をします。

既婚男性が離婚をしたいと思うのはどんな時?

まず既婚男性が離婚を決意するのはどのような時なのでしょうか?様々な離婚に関するアンケート調査によると、約30%が男性の方から離婚を言い出していて、約70%は女性の方から離婚を言い出しています。

男性の方が、社会的な思想が強かったり、会社でも上下関係を維持するというところがあるので、少々嫌なことがあっても、自分の感情よりも社会性を重んじることに慣れています。つまり、嫁のことが少し嫌だなと思うところがあっても離婚をするよりも自分の感情を抑える方が楽なので、そちらを選んでしまいます。

また、男性は幼い頃から、『男だから泣くな』と言われて育っている事もあり、自分の感情に女性よりも感じないようにして育った事も男性から離婚をしたいという率が低い事の原因でもあります。ある意味、男性の方が我慢強い人が多いのです。

 男性が離婚を決意するのは、『好き』という感情がなくなったとか『嫌い』という感情だけでなく、他の要素が入っている事が多いです。

例えば、

妻の家事が不倫成就のきっかけになる

妻が家事をしなく、このまま妻と生活を続けるよりも、愛人と一緒に暮らした方が家事もやってもらえて仕事で結果が出せると感じた時は男性は離婚を決意して、愛人と再婚をしているケースが目立ちます。

男性は”妻”や”子供の母親”としての役割を妻にもとめています。そして多くの場合、その中に家事が入っています。けれども妻が家事を全くやってくれないとなると、男性は妻と別れたほうがいいかなと思いはじめます。

妊娠問題で不倫成就

妻の間には子供ができなかったけれども、愛人との間に子供が出来た時(男性よってはおろせという人もいるので、略奪のためだけに妊娠を図るのは危険です。)

この場合も離婚をしているケースが目立ちます。

愛人といたほうが自分の人生にメリットが大きいと感じて不倫が成就

妻といるよりも、愛人といたほうが自分の人生にメリットが大きいと判断して離婚するケースもあります。

これはどんな愛人の人でもできることなのですが、不倫をする男性の妻は比較的夫のことをけなしたり悪口をいうようなタイプの女性が多いので、愛人の方が自分がやっていて心地良いと思える範囲で彼に尽くしてあげると、愛人といたほうがメリットが大きいと思う事があります。

自分に甘い男性はイライラしている妻が嫌で不倫が成就する

中には、不倫をしていることに妻が気づいていて、嫉妬をしたり家に帰って妻がヒステリックに怒ったりするので家に帰りたくなくなるという夫もいます。このタイプの男性は少し自分に甘い傾向があります。その為、略奪をしても逆に大変かもしれませんが、このようなタイプの男性は面倒なことから楽な方に逃げるという性質を持っているので、愛人が癒やしを与えてくれて、自宅でもくつろげないと言う場合は、独身女性が与えてくれる癒やしに逃げる傾向があります

 不倫をしている男性は好きという感情だけよりも上記のような要素があるとより離婚をしやすくなります。

 

独身女性が既婚男性に与える癒やしとは?

既婚男性が独身女性と恋愛をする一番大きな理由は癒やしが欲しいと思っています。家庭では妻にあれやれこれやれと言われたり、なんで●●しないんだなどと責められて、会社でも売上が足りないなどと責められて辛いなと思っているような時に、『●●さんってすごいですね。素敵ですね』と褒めてくれるような女性がいたら、癒やしを求めてふらふらとしてしまいます。

それこそお金を払ってでも、癒やしが欲しいとクラブやキャバクラに行く男性もいます。そのように、独身女性が既婚男性にどのような行動をすると癒やしになるのか?というのは下記のような行動になります。

 

既婚男性に癒やしを与える行動

  • 既婚男性を褒める
  • 笑顔でいる
  • マッサージをしてあげる
  • 彼の好みのものを用意してあげる
  • 彼の居心地が良いように話を聞く
  • セックスをする
  • 彼が”女”として自慢できる外見でいる
  • 彼のことを頼る

以上の事を独身女性が既婚男性に与え続けた場合、既婚男性はずっと一緒にいたいと思うようになります。セックスが癒やしというのはピンと来ない方もいるかもしれませんが、男性は女性よりも感情を感じにくいようになっているのですが、セックスすることによって感情を解放させるという特徴があります。

褒めるたり頼るとか、彼が女性として自慢できる外見でいるというのは既婚男性の自尊心を高める上でとても有効です。不倫をする男性というのは、どんなに上の立場の人でも、心のどこかに自尊心が低い傾向があります。

自尊心が低くないと、基本的に不倫はしません。

笑顔でいるというのも、愛人がいつも笑顔でいると、自分が幸せにしているという満足感を感じることができるようになります。

既婚男性が愛人と別れたいと思う行動

  • 離婚をしてと迫る
  • 会うたびに泣きわめく
  • どうせ私のことなんて好きじゃないといじける
  • 不倫を周囲にバラす

 このように、既婚男性に都合が良い事が、癒しになって既婚男性に都合が悪い事が別れたいと思う行動になります。

 

では私の気持ちはどうなるの?

と思う愛人の方も多いでしょう。

 つまり、愛人の方が自分の感情を自分で上手く処理ができる時に既婚男性と独身女性の恋愛が成就しやすくなります

 逆に、『私の人生は彼次第』というように、今の自分の人生が幸せになるのも不幸になるのも彼次第となってしまう独身女性が愛人の場合は、この恋愛が成就しにくいという結果が出ています。

 途中で、自分で自分の感情を処理しきれなくなってしまって、既婚男性が愛人と別れたいと思う行動をとってしまったり、彼のことを試すようなわがままを言ったり、また『もう別れたい』と別れを宣言したりすることが原因です。

 

自分の感情を自分でうまく処理するためには

私の人生は彼次第ではなく私は私で幸せになる

これが大事です。彼がいてもいなくても幸せになれると最強なんです。彼と別れても、彼と一緒にいてもどっちにしても私は私で幸せって思えると、自分で自分の感情をコントールできるようになります。

 というのも、彼に何とかして!!と依存しなくても自分で自分の機嫌をとれるようになると自分で自分の感情をコントロールできるようになります。

 

まずは、不安と怒りのコントロールです。怒りというのは基本的にもっと愛して欲しい、寂しいという気持ちを隠している事が多いのです。それを自分で感じるのが辛いので怒りで感じないようにしてしまいます。

そんな時は、まずゆっくり鼻から息を吸って、口から5秒間かけてはくということを5回繰り返してまずは自律神経を整えます。

 

日の光を浴びて歩きながらやるとセロトニンという快ホルモンもでるのでおすすめです。

落ち着いたら、自分がやっていてちょっとでも楽しいなとか心がわくわくするなというものを10個書き出してみて下さい。

ただし、彼に関することはいれないようにしましょう。

 

彼に関することはいれずに、彼がいなくてもできる自分が楽しいと感じること10個を書き出してみましょう。

スタバのコーヒーを飲むというようなものでもよいので、自分の心がときめく事が何か?ちゃんと自分で意識をすると、また悲しみや不安や怒りで潰れそうになった時に、同じように深呼吸をして、落ち着いたら、ときめきリストからすぐにできることをやってみてください。

 

このように、自分で自分の感情をコントロールして彼が居心地が良いと感じる空間を提供していると、彼が頻繁に会いに来るようになって、既婚男性と独身女性の恋愛でも成就しやすくなります。